8月18日(日)豊能町立図書館と、とよのていねいのコラボイベントとして「半畳サイズのマイ図書館」を開催しました!
いつも図書館を利用するものの、子連れだとゆっくり本を選べないことも…今でこそ絵本コーナーくらいは、だいたいこの辺りにこの絵本があってと4年通ってわかるようになってきたものの、自分一人でサッと本を選ぶのは難しいなというのが図書館に通い出して最初の感想でした。そんな人にも嬉しい、新しい本に出会えるイベントを企画しました!

気分は本屋さん!憧れの書店員になりきって好きな本を選んでみよう!

今回のイベントでは、「半畳サイズのマイ図書館」として、図書館にある蔵書で好きな本、オススメな本をチョイスしてまるで小さな本屋さんのように並べて紹介するというもの。形態としては、マルシェのように、出店する側はオススメ本について熱く語り、来場者の人は、普段は見つけることのない本たちに出会えます。「出店」というと語弊がありますが、参加者一同の気分はすっかり本屋さんなので、その気分をお伝えするためにも記事では「出店」という言葉で表現しています。

図書館の集会室にてスタートです!

「読んでみたい」に繋がる言葉を紡ごう

まず8月4日(日)にプレイベントとして出店者向けに「読んでみたくなるPOPの作り方」をレクチャー。POP作りで有名な書店員さんのPOPを参考に、自分が選んだ本に思い思いの言葉を紡いで行きます。簡単そうに思えるPOP作りも意外と奥深く、読んでみたい!と心を動かすことのできる言葉の選び方に私たちも頭を捻らせました。

思わずPOPも読み込んでしまう…
小学2年生もPOP作りを楽しみました!絵も素敵!

さぁ!いよいよマイ図書館がオープン!

迎えたイベント当日。それぞれの出店者さまに書店の名前をつけて頂き、「この半畳はわたしの空間!」と書店作りにも力が入ります。書店のネーミングも選んだ本も、POPの言葉やセンスもそれぞれ個性が光ります。

男性ならではの視点で攻めるチョイス!
夫婦で出店するのもアリ◎

熱い想いを語りまくれ!オススメ本の紹介座談会

11時からは出店者による座談会がスタート!書店の紹介から、オススメ本の紹介まで、大好きな本だからこそついつい熱が入ります。
今回、座談会に参加してくださった来場者の方も、「この出店者の人と趣味がバッチリあう!」と大変気に入られた様子で、半畳に並べられた本たち全てをカメラでパシャリ。「今回はこの本を借りていくけれど、次回はあの本もいいな」と微笑む姿にお気に入りの本にたくさん出会えた喜びがヒシヒシと伝わってきました。
また、出店者の方も自分のチョイスした本がどんどんと旅立っていく様子に、「こんな気持ちのいいイベントはないなぁ」と心がホクホクと温まったようでした。

本を持つと不思議とサラサラと話せるようです
この半畳を丸ごと写真に記録して帰る来場者も◎

自分の「好き」に共感してもらえる喜び

12時からは自由に出店者の並べた本を見ていただくお時間。出店者も席をたってもオッケーのフリースタイルでしたが、やっぱり来場者の方とお話しながら本のオススメポイントを語るのがこのイベントの醍醐味。娘と一緒に出店したわたしは完全に絵本のみのラインナップでしたが「孫の為にこれを借りていこうかな?こんなおもしろい本があったなんて知らなかった」という声に、自分の好きに共感してもらえることの喜びを感じました。

読書が苦手なので、娘と絵本をたくさんチョイスしました
当日の飛び入り参加枠も作りました!
本ソムリエの小学生のチョイスが渋くて素敵すぎる…

本を通じた人の関わりが地域を温かくするかもしれない

いつも通っている図書館。わたしの好きを伝えるのも良し。新しい好きに出会うのも良し。本を通して出会える「好き」の発見と、本を介して繋がる人と人の関わりが、地域をもっとより良くしていくのかもしれないなぁと感じました。
また次回は冬頃に開催を予定していますので、出店者、来場者共に一緒にこの場を作りあげて頂けたらとても嬉しいです。
わたしも次の開催に向けて、また新しい本に出会っていきたいと思っています。さぁ、図書館に出かけよう!きっと新しい出会いが待っているから……

カテゴリー: ブログ