2019年11月17日(日)豊能町立図書館とコラボイベント第3弾「図書館で過ごす休日」を開催しました。いつもの図書館が、コスト0で楽しめるくつろぎスポットに変身。春に開催した「図書館リゾート」がバージョンアップしてかえってきました!

秋の自然大集合!

春にも人気だった豊能町周辺で見える自然の生き物たちの壁面展示ブース。図書館にある本の中からご紹介。クスッと笑ってしまうようなコメントを添えて、自然を身近に感じてもらえるように工夫してみました。ふらっと立ち寄ってくださった方も、老若男女問わず見入ってくださっていましたよ。この展示を見て、「お家にあったどんぐりの木に親近感が沸きました」という声も。知らないままだとそこにあるだけの自然が、知ってしまうと不思議と目に飛び込んでくるから不思議です。それだけでも日常にある景色の見え方がきっと変わるのではないでしょうか。

「たしかに豊能町でよく見かけるかもね」とお話も弾みます
「へぇー」と思わず声にしてしまうプチ情報たち

いつも気になっていたギモンを聞いてみよう!

展示に併せて、春に人気だったコーナー「自然のギモンボックス」も併設しました。普段ギモンに思っていた自然にまつわる小さなギモンも、ここで聞いてみると回答が集まるかも?ギモンも回答もまだまだお待ちしていますので、ぜひお声を寄せてくださいね。

春開催のときにいくつもの回答に答えてくれた虫博士の男の子。

読書の秋に本を持って優雅にチェアリングタイム

今回のメインコンテンツは今話題の「チェアリング」。マイチェアを持ってきたら、自分だけのくつろぎ空間の出来上がり。お気に入りの本とマイボトルとマイチェアがあれば、読書の秋にぴったり。この日はちょうどぽかぽか陽気でくつろぐには最適な気候だったのもあり、パパはもちろん、ママとこどももこのスペースを拠点にランチタイムしたり、自然散策をしたりゆっくりとくつろいで過ごすことができました。

アウトドアグッズを図書館で楽しむという新しい発想

足もとにある落ち葉だってこどもにとってはアートに

今回にイベントで特に人気だったものが図書館の入り口付近に開設した自然を楽しむワークショップ。たくさんの親子連れが参加してくれました。今回のワークショップでは、黒い画用紙に落ち葉を切り貼りしたステンドグラス作り。光にかざすと葉っぱの色や葉脈を楽しむことができます。

青空に映える落ち葉たち
うまく見えるかなー?

「好きな形に切ったものに、落ち葉を切り貼りしていって完成!」というとても簡単なものだったのですが、こどもの集中力がすごいすごい!「もっと赤い葉っぱが欲しい」と思えばすぐに拾いに行ったり、葉っぱと葉っぱを重ねて二色の色を楽しんだりとそれぞれに思い思いの作品ができあがりました。

「次はこれを作ろう!」と満面の笑み

もうひとつおまけのワークショップとして、葉っぱやどんぐりに顔をつくるために小さなシールを用意していたのですが、こどもの創造力は大人の想像の範疇を超えて、ふたつのワークショップを掛け合わせた作品ができあがっていました。

ステンドグラスに目をつけて自分だけのオリジナル作品に

お持ち帰りして楽しむことの出来るおさんぽビンゴも

図書館周辺で見つかる秋の生き物たちをビンゴにしました。こちらは図書館を拠点に探検しに行くもよし!持ち帰って自宅周辺で探すもよし!豊能町の秋を親子で楽しめるお土産となりました。

ビンゴ片手におさんぽしてみよう!

とよのていねいセレクション「暮らしのヒントになる本」をご紹介

集会室では、展示に併せてとよのていねい×図書館がセレクトした「暮らしのヒントになる本」もご紹介。どこか遠くに出かけなくっても、少し工夫をしてみたり、自分で作ったり、親子で楽しむだけで少し特別な休日を過ごすことができるヒントがたくさん。自分にぴったりの暮らしに寄り添う本が見つかると、日常がもっと楽しくなりますよ。

 

町の図書館でもっと楽しく!日常をもっと豊かに!

今回のイベントでは、たっぷりと図書館を拠点に秋の休日を楽しんで貰いました。休日になると「今日はどこ行くの?」というこどもの声に耳が痛くなってしまいがちですが、特別なところに出かけようとしなくても大丈夫。だってこんなにもわたしたちの身近なところで魅力的なコンテンツが広がっているんだから。本と、自然と、くつろぐ空間さえ作ってしまえば1日なんてあっという間。コスト0円で楽しめる休日を楽しまないなんて損!図書館をうまく活用することで日常がもっと豊かになりますよ。

次回は8月に開催した「半畳サイズのマイ図書館」を2月に開催予定!ぜひ、町の図書館で新しい本と人との出会いを楽しむ休日を体験してくださいね。

カテゴリー: ブログ