豊能町立ふたば園の2019年度自然活動をまとめた小冊子を担当させて頂きました。

春夏号と秋冬号の2冊になっております。春夏には、田んぼや川遊び。秋冬には、落ち葉や山で基地作りなど、豊能町のこども園ならではの自然体験を紹介しています。活動を通じて出会った生き物紹介やクイズ、絵本の紹介など内容も見応えたっぷり。イラストも全て手書きで担当させて頂きました。

また、各号の最終見開きページには冊子を見ながら親子で簡単に取り組める自然あそび、ふたば園で飼育している生き物、食育の時間、町内の自然を楽しめるイベントも紹介しています。

この冊子を作るにあたり、ふたば園の先生方にお話を聞かせて頂いたり、自然活動の見学も兼ねて実際に私たちもこども達と一緒に川あそびに参加させていただきました。
「豊能町は都会に比べると不便かもしれないけれど、大きくなった時に不便な環境だったからこそ得られた特別な体験がたくさんあったなぁと思い出して欲しい」「豊能町の自然と触れ合った日々が心の糧になるような活動にしたいと思っているんです」と活動に対する思いを打ち明けてくださいました。

そんな思いの詰まった小冊子、豊能町在住の方はもちろん、町外の方でも楽しめる内容になっています。
この小冊子はふたば園在園児へ配布の他、豊能町立図書館でもご覧になれます。とよのていねい雑貨店でも設置しておりますのでお気軽にお持ち帰りください。

冊子のサイズは持ち運びしやすいA5サイズ。冊子を片手に親子で豊能町を散策してみてくださいね。

カテゴリー: 事例紹介