「豊能町の新名産品のレシピ開発にご協力いただけませんか?」

2018年秋、私たちの元に届いた一通のメール。
送り主は「豊能町ふるさとおこし協議会(以下、ふるさとおこし)」の中崎さん。過去にヤーコンヤーコンペーストのレシピを自己流で開発した経験を買っていただき、今回は公式のレシピ開発者として大抜擢いただきました!

早速やってきた豊能町高山の特産品「赤こんにゃく」がこちら。

台所の脇役だったこんにゃくがパーフェクト食材に大変身!

滋賀県の特産品としても有名な「赤こんにゃく」。はじめ唐辛子かな?と思ったのですが違うそうで、この鮮やかな赤の正体は「三二酸化鉄」という食品添加物によるもの。味は普通のこんにゃくと変わらず無味無臭なので、ご家庭での調理にも向いています。

しかもその着色料のおかげで別名「鉄骨こんにゃく」と呼ばれることもあるほど、鉄分豊富なのにローカロリー、しかも食物繊維・セラミドも豊富、と女性に嬉しい食品なんです。

加えて中崎さんの手がける「手作りこんにゃく」は、高山の棚田で育てた無農薬・減農薬コンニャク芋を筆頭に国産の生芋を使用しており、手間暇……本当に手間暇かけて製造しているんです。また、こんにゃく製造で一般的とされている、添加物の入った便利なコンニャクパウダーは一切使用せず、ほぼおひとりで一枚一枚丁寧に手作りされています。

こんにゃく独特の臭みも少なく、もともと味染みの良い柔らかなこんにゃくなので、下ゆでもいらないよと中崎さんはおっしゃいます。

とまぁ、つまり素材そのものが良質な、いわゆる『極上のこんにゃく』なんですわ。

強力な助っ人登場!

そんな『極上のこんにゃく』を使ったレシピ開発。ありがたいオファーをいただいたけれど、私は料理がちょっと好きな一介のただの主婦……。

大役に怖気付いて、泣きついた先は「cafeめぐりるら」さん。

こちらのカフェを切り盛りするkanaさんは、和食薬膳研究家、国際薬膳師、中医薬膳師、管理栄養士という数多くの肩書きを持ったプロのシェフです。

営業時間内にも関わらず、快く出迎えてくれました

豊能町の食材を使った自然派ランチと卵・乳製品不使用のナチュラルスイーツが自慢の「cafeめぐりるら」を切り盛りするほか、「うららかな暮らし」というお名前で自然派ごはんとおやつの料理教室、出張cafe、ケータリングなど「くらすこと」をテーマに活動されています。

cafeめぐりるら

自然派ランチと卵・乳製品不使用のナチュラルスイーツ

営業日:第2、第4火曜11:00〜17:00
場所:フリーステーション 豊能町ときわ台5-9-3
アクセス:能勢電鉄ときわ台駅 徒歩10分 駐車場あり
HP:http://urarakana-kurashi.com

お忙しい時間帯にも関わらず今回のお話を持ちかけたところ、面白そう〜!とご快諾いただけました。(神ーーッ!)

よかった……。これで“きちんとした”優等生メニューはkanaさんにお任せできる。

絶大なる安心感を得て、これで私は私らしく少々創作が過ぎたとしても許されるなとほくそ笑むのでした。

ヴィーガン・マクロビ派の強い味方に

上の写真は試作品のひとつ「焼き鳥風」。まるでハツや肝のように見えますが、正真正銘こんにゃくです。

後述の「こんにゃくチップス」のレシピでも登場する「冷凍こんにゃく」 という方法にしたのですが、この方法だと肉のような噛みごたえとジューシーさを兼ね備えることができちゃうんです。

通常のこんにゃくは灰色または白色なので、冷凍こんにゃくを代替肉にした場合、あまり食欲そそる色でないことだけがネックだったんですが、赤こんにゃくは鮮やかな赤!

いま、世界中で広まっているヴィーガンやマクロビといったヘルシーな食生活を心がけている方の救世主になりそうな、そんな可能性さえも感じます。


手前味噌ですが、わたしの育児ブログ「おなじといっしょ」にも冷凍こんにゃくの詳しい作り方や活用法を掲載しています。


みんなで食べよ!赤こんにゃく試食会

2週間後、それぞれのレシピを持ち寄って「赤こんにゃく試食会」を行うことになりました。

参加者メンバーはふるさとおこしさん、トヨノノレポーターさんの面々。そして赤こんにゃくの生みの親こと中崎さんにお集まりいただきました。
今回は「女性向けのレシピを」と切望されていたこともあり、参加者も料理人も女性です。

①滋賀県の主婦直伝、家庭料理レシピ

赤こんにゃく発祥の地、滋賀県にかつて住んでいたことがある当社スタッフの「やんちゃん」。地元の主婦にリサーチを行い、生の声を集めてくれました。地元ではごま油、七味、カツオ節を合わせた煮物を筆頭に、給食で出ることもあるそうです。

ほっとする家庭料理を再現して、みんなにふるまってくれました。

深紅のニットをまとったやんちゃん、どんな時でもTPOを忘れません

この手作りこんにゃくはサラダにしても美味しい!普通のこんにゃくなら色が沈んでしまいますが、この赤こんにゃくはパッと鮮やか。ゴロゴロと大きめカットでも全然臭みもなく食べ応えもあるので、ダイエッターにもいいかも。こんにゃくに合わせたオリジナルの味噌ドレッシングがよく絡んで美味しい〜!
煮物もよく味が沁みていながらも決してクドくない、優しい家庭の味。これ夜遅く帰ってきて、食卓においてあったら嬉しいやつだ……。

②cafeめぐりるら流自然派ごはん

kanaさんは、その場でカツを揚げながらご飯を炊き、キーマカレーそしてデザートまで用意してくれました。なんという手際の良さ……。

手際よく時間内でちゃちゃっとフライする姿にほれぼれ

今まで自分の食べてきたこんにゃくはブリンッと弾力が強すぎるイメージがあって「カツの衣とこんにゃくが一体化しないのでは?」なんて実は内心思っていたんです。

でも、中崎さんが作る手作りこんにゃくは優しくもちもちとした弾力なので、カツにしてもベストマリアージュ!しっかり下味を付ければ育ち盛り男子にも喜ばれそうです。

続いてはキーマカレー。まるで人参かのように佇んでいるのが、みじん切りされた赤こんにゃくです。煮込み時間も少なく、ルーを使わないのでとってもヘルシー!

③誰も知らなかった赤こんにゃく活用レシピ

さてさて大トリは私、「ブルーベリー&グレープフルーツの赤こんにゃくスムージー 」と「赤こんにゃくチップ(ごま油香る中華味)」の2品を。

◆ブルーベリー&グレープフルーツの赤こんにゃくスムージー

赤こんにゃくのほんのりピンク色を活かした2層のきれいなスムージー。
セラミドたっぷりのこんにゃくのほかに、ブルーベリー、バナナ、ピンクグレープフルーツと美肌&デトックスに役立つ美味しいフルーツをたっぷり入れました。

ほら、ちゃんと赤こんにゃくを入れてますでしょ?1/2枚でたっぷり2人分できます。ちなみに豆乳よりも、あっさり仕上げてくれる牛乳がおすすめです。

フルーツ各種は凍らせておけば、氷なしでOK。水っぽくなることもなく、シャーベットのような食感が楽しめます。

完成品。ミントを飾るといい感じ(忘れてた)

こんにゃくのスムージー?うーん、なんかこんにゃくの臭さが引き立っちゃいそう……なんて思ってるあなた。そんなあなただからこそ、どうか騙されたと思ってトライしてほしい。臭さもクセも不思議とゼロ、こんにゃくがうまい具合にとろみになって、まんぷく度高めの美容スムージーになってるんだから!

実際、東京では生芋こんにゃくを使用した「こんにゃくスムージー専門店」がオープンしていたりと美のアンテナの高い方々も注目している調理法なんです。

◆赤こんにゃくチップ(ごま油香る中華味)

食欲そそる赤こんにゃくの”赤”のおかげで、こんにゃくチップが見た目にも美味しく大変身。食べ応えはきちんとあるのに、いくら食べてもヘルシー。ダイエットにはもちろん、おつまみにも。

一晩冷凍しておいたこんにゃくを茹でて戻したら、調味料で和えて電子レンジで約5分。そうなんです、ノンフライなんです。ノンフライの淡白な物足りなさは、ごま油と中華調味料を使うことで補いました。

パリパリと軽いのに、スルメやジャーキーのように長く味わうこともできる不思議な食感が新しい。

こんにゃくチップスは中崎さんにも気に入っていただけたようす。
「夢のおやつ」とメモを取っていただきました(笑)

ご参加いただいたみなさんからの感想
  • 煮物は柔らかく美味しかった!せっかくの赤を活かすために白醤油で煮てみようと思いました。
  • 煮物も味がしっかりついていて色が可愛いので子どもも喜びそう。
  • つぶつぶにしてお米に入れても可愛いご飯が出来そう。サラダも彩りが綺麗になる。
  • カレーはいつもカロリーダウンのために大根を入れるのですが、こんにゃくは目から鱗でした。
  • こんにゃくカツは、こんにゃくが柔らかくて美味しい。
  • スムージーはお通じが良く、夏にはおすすめだと思いました。一番作ってみたいと思いました。とろみ感がなんとも言えない……カロリーも低く健康的でオシャレです。
  • こんにゃくチップは懐かしの冷凍こんにゃくをチップスにするとは!コンソメやいろんな味でやってみます。
  • どのお料理も素晴らしく美味しかったです。一番はこんにゃくチップスです。
  • こんにゃくチップスは目から鱗で油は使用していないのにしっかり美味しかった。
  • 赤こんにゃくは味がない分、味がしみやすいので両方を活かした料理が可能。
  • 繊維質が多く、ダイエットにも最適でしかも鉄分補給とはすごいです。
  • 赤こんにゃくがおかずからデザート、お菓子まで……びっくりしました。
  • ヘルシーでカロリーが少ないので嬉しい。

購入者全員にレシピ集をプレゼント!

大学堂の店頭で開催している「豊能で育った野菜市」(隔週火曜)では、野菜はもちろん今回ご紹介した赤こんにゃくもお買い求めいただくことができます。

赤こんにゃくをお買上げいただいた方には、弊社が全面協力したレシピ集をプレゼント!


あとがき

スーパーでいつでも激安価格でこんにゃくを買うことができる現代、わざわざ割高なこんにゃくを買う人は少ないかもしれません。

かつて私も前者だったからこそ力説したい。こんにゃくなんてだいたいどれも同じ、なんかじゃなかったという事実を。

こだわりの製法で作られた『極上のこんにゃく』が、たった数十円プラスするだけで味わえる日常の贅沢をみなさんもぜひ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です