私は小学生のときからずっと、「どんな仕事に就いたらいいのかわからない」という理由から夢をもつことを諦めていました。そのとき「どうして大人がもっと仕事について教えてくれないんだろう」とも思っていました。今、大人になって思うことは、仕事やものごとについて知ること・興味をもつことをやめてしまったのは本当は私の方だったのかもしれないなと思います。ならば、娘にはもっと仕事を身近に感じて欲しい。幼いうちから、どんなお仕事があるのか、もっといえば世の中のものごとについて興味をどんどん広げていって欲しいと思うようになりました。

いつからか見えなくなってしまったなりたいわたし像

小さい頃、あなたはどんなお仕事に憧れていましたか?わたしは幼稚園のときはお花屋さんかケーキ屋さんだった気がします。女の子だと一度は憧れる職業ですよね。
幼いころにはあったわたしのキラキラとした夢をみる瞳は小学校に入ると少しずつ曇っていきました。それは小学校の卒業式。将来の夢を発表してから卒業証書を貰いに行くというものだったのですが、当時のわたしは小学生のときに既に「なりたいものがみつからない」という夢のない女の子でした。結局卒業式のときに発表したのは全然目指していたわけでもなく、ただくせ毛に悩んでいたからという適当な理由をつけて美容師になりたいと発表しました。みんなにはちゃんと夢があるのになんだか後ろめたい気持ちになったことを今でも覚えています。

なりたいわたしを見つけたら毎日が学びになる

次に進路について考える機会だったのは、高校生のとき。私は、やっぱりなりたいもの、学びたいものがわからなくて今の学力で入れそうな大学へなんとなく進学を選んだのでした。大学に入学したものの全然授業が楽しくない毎日に違和感を覚え、結局1年で退学してしまいます。大学の進学が決まったあとに、ちょうど保健室の先生と仲良くなる機会があったのですが、「やっぱり高校生のときにお世話になった保健室の先生になりたい!」という想いから違う大学に入学し直します。紆余曲折を経て、就職した先は結局保健室の先生ではなかったのですが、夢を持って学ぶ時間はとてもかけがえのない時間だったなと思います。保健室の先生にはならなかったけれど、なりたいわたしに出会うことができました。そして、世の中には小さな学びがたくさん溢れているんだと気づきました。

町のお父さんの数だけ知識や関心が蓄積されていく

大学堂では、「先生は、同じ町に住むあの子のパパ」を合言葉にお父さん達が持っているちょっとした知識や特技を、町の子どもたちみんなの共有財産にする企画として『ちちペディア』を開催しています。
お父さんが自分のこどもに教えるのと同じように、町のこどもたちに知っていることを教える時間があれば、お父さんも町とゆるく関わりあえるし、こども達もたくさんのお父さんからいろいろなことを教わることで知識や興味関心が広がっていけばとても素敵だなと思っています。知識や興味関心がたくさん蓄積されていけばいくほど、ひとつひとつは小さな学びだとしても、点と点が繋がってなりたいわたしに出会う機会が増えていくのではないかと思います。

-ちちペディアvol.2- 「電車博士になろう!」

今回のちちペディア企画では電車の運転士さんに来て貰うことになりました。ありがたいことに近畿日本鉄道さんより全面的な協力を得て、実際に現場で使用しているものを見ることができたり、「電車の運転士さんになるにはどうしたらいいか」「運転士さんの1日のお仕事について」などなど知ることができます。我が子は女の子ですが、電車好きの鉄子ちゃん。女の子だから電車は興味ないかな?と思うのはもったいない!「こんなお仕事もあるんだ」とこどもはもちろんパパやママも一緒に楽しみながら知って貰えたらと思っています。

今回は某鉄道会社の電車の運転士のパパが登場!実際の運転士の仕事についてたっぷりお話が聞けるチャンス。パパの参加大歓迎!どんなお仕事なのか知る機会ってこどもも大人もきっと楽しい学びになるはず。ぜひご家族で遊びに来てくださいね。

【日時】
7月28日(日)10:30〜11:30
【場所】
大学堂株式会社
(大阪府豊能郡豊能町光風台3−5−2)
【参加費】
 一人200円(保険料込)
【募集人数】
 20名
【申し込み方法】
LINE@にご登録のうえ、「お名前、参加人数、連絡先」をメッセージで送信してください。

友だち追加


【締め切り】
 2019年7月26日(金)12:00まで

【内容】
・電車クイズで楽しく電車博士になろう!
・今まで気になっていた電車にまつわるギモンを運転士さんに聞いてみよう!
 「運転士さんってどうやったらなれるの?」
 「終電が終わったらどうやって帰っているの?」などなど
・運転士さんの持っている大きなカバンの中身も見せちゃいます!
その他、貴重な話が盛りだくさんです◎

【参加者特典!!】
1.シャッターチャンス!こども用制服・帽子試着体験
2.乗客限定!しまかぜシールプレゼント

※ ちちペディアってなぁに?
「先生は、同じ町に住むあの子のパパ」お父さん達が持ってるちょっとした知識や特技を、町の子どもたちみんなの共有財産にする企画です。先生が専門家じゃないからこそ、思わぬ好奇心のきっかけを与えてくれるかも!?

●今回のお父さん先生
7才と3才の男児のパパ。お仕事は某鉄道会社に勤める、ホンモノの電車の運転手!いろんな質問に答えてくれちゃいます!

※ちちペディア企画第一弾「たんぽぽを探しにいこう」の様子はこちらから☆


カテゴリー: ブログ