WIX制作プラン・事例紹介

店舗さんや個人事業主の方、または中小企業の方々がホームページを作りたい、とご相談いただいた際に大学堂でおすすめしている「ホームページいちねんせい:WIX制作プラン」

ホームページの知識はほとんど必要なく、お客様ご自身で更新・運営ができること、サーバー費用などのランニングコストがかからない*ことが大きな魅力です。

*クレジット決済や独自ドメインなど拡張プランを選択された場合は、WIXの有料プレミアムプランに加入する必要があります。

ホームページ制作に15年以上の実績がある大学堂は、WIXの機能を最大限に使って設計・構成し、見た目のデザインも内容も見やすく検索されやすいホームページを制作します。


制作事例

豊能町直売所「志野の里」

過去弊社が制作した既存のホームページをWIXで再構築した例です。WIX機能内で、スライドショー・商品紹介・お問い合わせフォーム・スマホ対応等を再現実装しました。

  • イラスト作成
  • ロゴ調整
  • アートディレクター担当

https://toyonotown.wixsite.com/shinonosato

オーベルジュ ヤマガミ─ジビエとヴァン ナチュール

冒頭から里山へと誘うストーリーボード、世界観を統一させたコピー各種、レイアウト・デザイン等をアートディレクターが担当しました。

  • ロゴ調整
  • コピーライティング
  • 独自ドメインWIXプレミアムプランにて構築
  • アートディレクター担当

https://www.satoyamasouken.co.jp/

出張パーソナルトレーニング SOWAKA

コンテンツ構成や原稿の調整など、お客様とともに理想のホームページを模索しました。ターゲット層を意識した優しく見やすい色使いや文字を心がけています。

  • ロゴ調整
  • キャッチコピーリライト
  • 地図の作成

※下記画像は納品時のものです。現在はお客様ご自身で更新されているため、見た目やコンテンツが異なっている場合があります。

https://toyonotown.wixsite.com/sowaka

ぎゃらりースイセン

実際にギャラリーを何度かお邪魔し、ヒアリングを重ねて作成しました。操作に不安のある方には、基本的操作の無料レクチャーも行っています。

  • 一部写真撮影
  • コピーライティング

https://toyonotown.wixsite.com/gallery-suisen

簡単なものでいいからホームページを作りたいけど、自分で作るにはちょっと不安だな……と考えている方にWIX制作プランはとてもおすすめです。

ご相談レベルから、お気軽に下記よりお問合せください。

内容確認後、3営業日以内に担当者よりご連絡いたします。もし3営業日以内に連絡がない場合は大変お手数ですが、再度お問合せフォームをご送信いただくか、公式Facebookページからメッセージをお送りくださいませ。

豊能町立ふたば園 小冊子

豊能町立ふたば園の2019年度自然活動をまとめた小冊子を担当させて頂きました。

春夏号と秋冬号の2冊になっております。春夏には、田んぼや川遊び。秋冬には、落ち葉や山で基地作りなど、豊能町のこども園ならではの自然体験を紹介しています。活動を通じて出会った生き物紹介やクイズ、絵本の紹介など内容も見応えたっぷり。イラストも全て手書きで担当させて頂きました。

また、各号の最終見開きページには冊子を見ながら親子で簡単に取り組める自然あそび、ふたば園で飼育している生き物、食育の時間、町内の自然を楽しめるイベントも紹介しています。

この冊子を作るにあたり、ふたば園の先生方にお話を聞かせて頂いたり、自然活動の見学も兼ねて実際に私たちもこども達と一緒に川あそびに参加させていただきました。
「豊能町は都会に比べると不便かもしれないけれど、大きくなった時に不便な環境だったからこそ得られた特別な体験がたくさんあったなぁと思い出して欲しい」「豊能町の自然と触れ合った日々が心の糧になるような活動にしたいと思っているんです」と活動に対する思いを打ち明けてくださいました。

そんな思いの詰まった小冊子、豊能町在住の方はもちろん、町外の方でも楽しめる内容になっています。
この小冊子はふたば園在園児へ配布の他、豊能町立図書館でもご覧になれます。とよのていねい雑貨店でも設置しておりますのでお気軽にお持ち帰りください。

冊子のサイズは持ち運びしやすいA5サイズ。冊子を片手に親子で豊能町を散策してみてくださいね。

DevLOVE様 キャラクター・アニメーション制作

DevLOVE10周年記念の新しいコミュニティサイト< https://devlove.link/ >のイラストとキャラクターアニメーションを制作いたしました。

約20種のキャラたち


DevLOVEとは2008年発足の開発(Develop)を愛する者たちの集まり。たった二人からはじまったコミュニティは、いまや6000名を超えるメンバーがいるのだとか。

このコミュニティの魅力は
・肩書きやスキルを超えた「ありのままの自分」でいられること
・相談できる仲間がいて、なんでも教え合える仲間がいる。お互いに助け合う文化があること

自分の領域からほんの少しはみ出して挑戦しようとする─……つまりDevLOVEは『越境』する開発者たちのコロニーなんです。

と担当者さんは言います。

越境があるからこそ、みんながまとまって同じ方向を向いていけるんです、と結んだ言葉には、そういう現場を数多く見ているからだろうなと思わせる説得力がありました。

そんなDevLOVEが10周年をむかえるにあたってリニューアル。

多種多様な種族たち

年齢、性別、学歴やスキルの差を越えて、共に学ぶ今の姿を彷彿させるような、多様性のあるキャラクターを、とのことでご依頼いただきました。

業界あるあるを想像しながら、キャラクターの種類や表情・アニメーションを作り上げています。勇者、ケモノ、ロボ、戦隊ヒーロー、モンスター、ドワーフ、マッドマックス、名脇役、力士、恐竜と全部で10タイプいます。ちなみに例えば同じ力士でも、陽気な性格の光属性と斜にかまえがちな闇属性がいたりします(笑)

隣のデスクのあの人は何タイプ?

オフィシャルでは日の目を見ないかもしれませんが、実はそれぞれのキャラに簡易的な性格設定がされていまして。

たとえば学芸会の名脇役タイプは、

名脇役タイプ(リンゴの木役とわかめ役)

一見モブキャラ、目立たない存在。だが、いないと確実に困る人材。 神のひとこと「それ、もう作ってます」

ロボタイプは

ロボタイプ2種(闇属性・光属性)

言われたことしかしない。柔軟性はゼロ。ゆえにチームメイトに誤解されがちだけれど、指示に常に忠実な「仕様書の番人」。

などなど。

これは私だな、あれはあの人だな、なんて想像を巡らせながら見ていただけると嬉しいです。


クライアント情報

豊能町直売所「志野の里」ホームページ

豊能町直売所「志野の里」ホームページのリニューアルを制作担当しました。

クライアント情報

まだ志野の里に行ったことがない、という町内外の方に向けて、生産地としての豊能町の紹介をはじめ、できるだけ商品ラインナップをお伝えし店内イメージが沸くウェブサイトに仕上げました。

ホームページには豊能町の特産品イラストを散りばめています。あ、これは高山ごぼう、これは山口納豆だな、と楽しんでいただけると嬉しいです。

志野の里は、たくさんの新鮮野菜のほか、自慢の納豆や豆腐、パン、こんにゃく・サイダーなど町内産の材料を使った加工品、とよのんグッズ、地元で活躍する作家さんの工芸品などなど、バラエティに富んだお店です。この週末、ぜひ遊びにいってみては?

豊能町の新しい名産品「赤こんにゃく」のレシピ開発に協力しました

「豊能町の新名産品のレシピ開発にご協力いただけませんか?」

2018年秋、私たちの元に届いた一通のメール。
送り主は「豊能町ふるさとおこし協議会(以下、ふるさとおこし)」の中崎さん。過去にヤーコンヤーコンペーストのレシピを自己流で開発した経験を買っていただき、今回は公式のレシピ開発者として大抜擢いただきました!

早速やってきた豊能町高山の特産品「赤こんにゃく」がこちら。

台所の脇役だったこんにゃくがパーフェクト食材に大変身!

滋賀県の特産品としても有名な「赤こんにゃく」。はじめ唐辛子かな?と思ったのですが違うそうで、この鮮やかな赤の正体は「三二酸化鉄」という食品添加物によるもの。味は普通のこんにゃくと変わらず無味無臭なので、ご家庭での調理にも向いています。

しかもその着色料のおかげで別名「鉄骨こんにゃく」と呼ばれることもあるほど、鉄分豊富なのにローカロリー、しかも食物繊維・セラミドも豊富、と女性に嬉しい食品なんです。

加えて中崎さんの手がける「手作りこんにゃく」は、高山の棚田で育てた無農薬・減農薬コンニャク芋を筆頭に国産の生芋を使用しており、手間暇……本当に手間暇かけて製造しているんです。また、こんにゃく製造で一般的とされている、添加物の入った便利なコンニャクパウダーは一切使用せず、ほぼおひとりで一枚一枚丁寧に手作りされています。

こんにゃく独特の臭みも少なく、もともと味染みの良い柔らかなこんにゃくなので、下ゆでもいらないよと中崎さんはおっしゃいます。

とまぁ、つまり素材そのものが良質な、いわゆる『極上のこんにゃく』なんですわ。

強力な助っ人登場!

そんな『極上のこんにゃく』を使ったレシピ開発。ありがたいオファーをいただいたけれど、私は料理がちょっと好きな一介のただの主婦……。

大役に怖気付いて、泣きついた先は「cafeめぐりるら」さん。

こちらのカフェを切り盛りするkanaさんは、和食薬膳研究家、国際薬膳師、中医薬膳師、管理栄養士という数多くの肩書きを持ったプロのシェフです。

営業時間内にも関わらず、快く出迎えてくれました

豊能町の食材を使った自然派ランチと卵・乳製品不使用のナチュラルスイーツが自慢の「cafeめぐりるら」を切り盛りするほか、「うららかな暮らし」というお名前で自然派ごはんとおやつの料理教室、出張cafe、ケータリングなど「くらすこと」をテーマに活動されています。

cafeめぐりるら

自然派ランチと卵・乳製品不使用のナチュラルスイーツ

営業日:第2、第4火曜11:00〜17:00
場所:フリーステーション 豊能町ときわ台5-9-3
アクセス:能勢電鉄ときわ台駅 徒歩10分 駐車場あり
HP:http://urarakana-kurashi.com

お忙しい時間帯にも関わらず今回のお話を持ちかけたところ、面白そう〜!とご快諾いただけました。(神ーーッ!)

よかった……。これで“きちんとした”優等生メニューはkanaさんにお任せできる。

絶大なる安心感を得て、これで私は私らしく少々創作が過ぎたとしても許されるなとほくそ笑むのでした。

ヴィーガン・マクロビ派の強い味方に

上の写真は試作品のひとつ「焼き鳥風」。まるでハツや肝のように見えますが、正真正銘こんにゃくです。

後述の「こんにゃくチップス」のレシピでも登場する「冷凍こんにゃく」 という方法にしたのですが、この方法だと肉のような噛みごたえとジューシーさを兼ね備えることができちゃうんです。

通常のこんにゃくは灰色または白色なので、冷凍こんにゃくを代替肉にした場合、あまり食欲そそる色でないことだけがネックだったんですが、赤こんにゃくは鮮やかな赤!

いま、世界中で広まっているヴィーガンやマクロビといったヘルシーな食生活を心がけている方の救世主になりそうな、そんな可能性さえも感じます。


手前味噌ですが、わたしの育児ブログ「おなじといっしょ」にも冷凍こんにゃくの詳しい作り方や活用法を掲載しています。


みんなで食べよ!赤こんにゃく試食会

2週間後、それぞれのレシピを持ち寄って「赤こんにゃく試食会」を行うことになりました。

参加者メンバーはふるさとおこしさん、トヨノノレポーターさんの面々。そして赤こんにゃくの生みの親こと中崎さんにお集まりいただきました。
今回は「女性向けのレシピを」と切望されていたこともあり、参加者も料理人も女性です。

①滋賀県の主婦直伝、家庭料理レシピ

赤こんにゃく発祥の地、滋賀県にかつて住んでいたことがある当社スタッフの「やんちゃん」。地元の主婦にリサーチを行い、生の声を集めてくれました。地元ではごま油、七味、カツオ節を合わせた煮物を筆頭に、給食で出ることもあるそうです。

ほっとする家庭料理を再現して、みんなにふるまってくれました。

深紅のニットをまとったやんちゃん、どんな時でもTPOを忘れません

この手作りこんにゃくはサラダにしても美味しい!普通のこんにゃくなら色が沈んでしまいますが、この赤こんにゃくはパッと鮮やか。ゴロゴロと大きめカットでも全然臭みもなく食べ応えもあるので、ダイエッターにもいいかも。こんにゃくに合わせたオリジナルの味噌ドレッシングがよく絡んで美味しい〜!
煮物もよく味が沁みていながらも決してクドくない、優しい家庭の味。これ夜遅く帰ってきて、食卓においてあったら嬉しいやつだ……。

②cafeめぐりるら流自然派ごはん

kanaさんは、その場でカツを揚げながらご飯を炊き、キーマカレーそしてデザートまで用意してくれました。なんという手際の良さ……。

手際よく時間内でちゃちゃっとフライする姿にほれぼれ

今まで自分の食べてきたこんにゃくはブリンッと弾力が強すぎるイメージがあって「カツの衣とこんにゃくが一体化しないのでは?」なんて実は内心思っていたんです。

でも、中崎さんが作る手作りこんにゃくは優しくもちもちとした弾力なので、カツにしてもベストマリアージュ!しっかり下味を付ければ育ち盛り男子にも喜ばれそうです。

続いてはキーマカレー。まるで人参かのように佇んでいるのが、みじん切りされた赤こんにゃくです。煮込み時間も少なく、ルーを使わないのでとってもヘルシー!

③誰も知らなかった赤こんにゃく活用レシピ

さてさて大トリは私、「ブルーベリー&グレープフルーツの赤こんにゃくスムージー 」と「赤こんにゃくチップ(ごま油香る中華味)」の2品を。

◆ブルーベリー&グレープフルーツの赤こんにゃくスムージー

赤こんにゃくのほんのりピンク色を活かした2層のきれいなスムージー。
セラミドたっぷりのこんにゃくのほかに、ブルーベリー、バナナ、ピンクグレープフルーツと美肌&デトックスに役立つ美味しいフルーツをたっぷり入れました。

ほら、ちゃんと赤こんにゃくを入れてますでしょ?1/2枚でたっぷり2人分できます。ちなみに豆乳よりも、あっさり仕上げてくれる牛乳がおすすめです。

フルーツ各種は凍らせておけば、氷なしでOK。水っぽくなることもなく、シャーベットのような食感が楽しめます。

完成品。ミントを飾るといい感じ(忘れてた)

こんにゃくのスムージー?うーん、なんかこんにゃくの臭さが引き立っちゃいそう……なんて思ってるあなた。そんなあなただからこそ、どうか騙されたと思ってトライしてほしい。臭さもクセも不思議とゼロ、こんにゃくがうまい具合にとろみになって、まんぷく度高めの美容スムージーになってるんだから!

実際、東京では生芋こんにゃくを使用した「こんにゃくスムージー専門店」がオープンしていたりと美のアンテナの高い方々も注目している調理法なんです。

◆赤こんにゃくチップ(ごま油香る中華味)

食欲そそる赤こんにゃくの”赤”のおかげで、こんにゃくチップが見た目にも美味しく大変身。食べ応えはきちんとあるのに、いくら食べてもヘルシー。ダイエットにはもちろん、おつまみにも。

一晩冷凍しておいたこんにゃくを茹でて戻したら、調味料で和えて電子レンジで約5分。そうなんです、ノンフライなんです。ノンフライの淡白な物足りなさは、ごま油と中華調味料を使うことで補いました。

パリパリと軽いのに、スルメやジャーキーのように長く味わうこともできる不思議な食感が新しい。

こんにゃくチップスは中崎さんにも気に入っていただけたようす。
「夢のおやつ」とメモを取っていただきました(笑)

ご参加いただいたみなさんからの感想
  • 煮物は柔らかく美味しかった!せっかくの赤を活かすために白醤油で煮てみようと思いました。
  • 煮物も味がしっかりついていて色が可愛いので子どもも喜びそう。
  • つぶつぶにしてお米に入れても可愛いご飯が出来そう。サラダも彩りが綺麗になる。
  • カレーはいつもカロリーダウンのために大根を入れるのですが、こんにゃくは目から鱗でした。
  • こんにゃくカツは、こんにゃくが柔らかくて美味しい。
  • スムージーはお通じが良く、夏にはおすすめだと思いました。一番作ってみたいと思いました。とろみ感がなんとも言えない……カロリーも低く健康的でオシャレです。
  • こんにゃくチップは懐かしの冷凍こんにゃくをチップスにするとは!コンソメやいろんな味でやってみます。
  • どのお料理も素晴らしく美味しかったです。一番はこんにゃくチップスです。
  • こんにゃくチップスは目から鱗で油は使用していないのにしっかり美味しかった。
  • 赤こんにゃくは味がない分、味がしみやすいので両方を活かした料理が可能。
  • 繊維質が多く、ダイエットにも最適でしかも鉄分補給とはすごいです。
  • 赤こんにゃくがおかずからデザート、お菓子まで……びっくりしました。
  • ヘルシーでカロリーが少ないので嬉しい。

購入者全員にレシピ集をプレゼント!

大学堂の店頭で開催している「豊能で育った野菜市」(隔週火曜)では、野菜はもちろん今回ご紹介した赤こんにゃくもお買い求めいただくことができます。

赤こんにゃくをお買上げいただいた方には、弊社が全面協力したレシピ集をプレゼント!


あとがき

スーパーでいつでも激安価格でこんにゃくを買うことができる現代、わざわざ割高なこんにゃくを買う人は少ないかもしれません。

かつて私も前者だったからこそ力説したい。こんにゃくなんてだいたいどれも同じ、なんかじゃなかったという事実を。

こだわりの製法で作られた『極上のこんにゃく』が、たった数十円プラスするだけで味わえる日常の贅沢をみなさんもぜひ!

株式会社 関西東通様 パンフレット

創業50周年を迎える映像技術プロダクション「株式会社 関西東通」様のA4サイズ8ページのリーフレットを制作しました。

観音開きと言われるこのタイプ。
表紙を開くとまず登場する見開きページには、リクルート向けの情報を集約させ、憧れの映像の世界へと誘います。

さらにページを開くと、どーんと4ページに渡る見開きが登場。関西随一のラインナップを誇る中継車や機材がズラリと並び、機材好き・ガジェット好きな人にはたまらないレイアウトになっています。

また、50年続く老舗ならではの歴史ある事例についても掲載しました。1970年の日本大阪万博をはじめ、長野オリンピック、そして『新婚さん いらっしゃい!』の貴重な放映スタート当時の写真もあり、ワクワクする内容になっています。

2020年には東京オリンピック、そして2025年に大阪・関西万博。世界が注目する大イベントに「関西東通」という名前を目にする機会はぐっと多くなるはずです。街を走る中継車、番組のエンドロールにぜひ目を凝らしてみてください。

実はホームページも作りました

実は「関西東通ホームページ」も弊社が制作したものです。ちょうど先日リニューアルを終え、映像業界がまるわかり!?な用語集、中国語・英語ページ、インタビューページが一新、さらに盛りだくさんな内容になっています。こちらも合わせてご覧ください!

クライアント情報

みんなのバレエ体操 produced by SUBACO 様

平成30年度トヨノノドリーム で採択された「みんなのバレエ体操」のA5サイズ フライヤーを制作いたしました。

この掲載情報は制作時当時のものです。最新情報は下記のSUBACO様までお問合せください

クライアント情報

注意:PDFの掲載情報は制作時当時のものです。最新の情報についてはSUBACO様までお問合せください

動画撮影・編集を担当した「みんなのバレエ体操」ティザーサイトも現在公開中!
本オープンは3月予定です。お楽しみに。

高山右近フェスタ2018 パンフレット

こちらは大学堂はじめてのお仕事「高山右近フェスタ2018」様のパンフレットを制作いたしました。

見どころたくさん!なパンフレットができました

紙面のデザインだけでなく、企画・構成から参加させていただきました。

お伝えしたいこだわりポイントはたくさんあるのですが、ここではその中の2つをご紹介。

これは個人的な感覚かもしれないのですが、大きなイベントに参加したときによく(私ら来てよかったのかな)とか(何したらいいんだろう)というような手持ち無沙汰な感覚を覚えることがあります。
私たちがパンフレットを作るのであれば、そういうのを払拭したくって以下のことに留意しました。

まず1つは高山・余野以外のひとも来ていいんだよ、もちろん町外のひとも来ていいんだよ、という万人にむけたウェルカムな雰囲気をだすこと。

2つめはどう楽しめば良いかのプランの一例を提示してあげること。

そういった思いで、花嫁行列のおすすめ撮影ポイントや1日を通してみどころがわかるようなデザインにしてみました。

シャトルバス時刻表も定型ではなく、見たいものに合わせて時刻を選択できるようになっています。

このパンフレットは町からの広報紙といっしょに豊能町全戸に配布され、図書館やまちの主要施設に設置していただきました。

+NICO様 パンフレット

小麦・卵・乳製品ゼロのお菓子工房「+NICO(プラス ニコ)」様のパンフレットを制作いたしました。

クライアント情報

制作秘話

パンフレットの制作秘話や+NICOさんの美味しいランチについての記事を公開しました!
https://daigaku.university/archives/77