【イベントスケジュール】7月開催予定のご案内です

いつも「何をしているの?」「野菜市はいつなの?」という声にお応えして、大学堂のイベントスケジュールをカレンダーにしました。7月からは、野菜市が毎週火曜に開催になりました!また、前回好評だった父ペディア企画の第二弾を開催。豊能町を楽しめるコンテンツを今月もご用意しました!

毎週火曜『とよのていねい野菜市』

『とよのていねい野菜市』
【開催】 
 2019年7月2日、9日、16日、23日、30日(毎週火曜日)
【時間】
 朝10:30-夜まで
【場所】
 とよのていねい雑貨店(大学堂株式会社)
 (大阪府豊能郡豊能町光風台3−5−2)

今まで不定期開催だった野菜市が毎週火曜日になりました。豊能町高山地区で活動されている「豊能町ふるさとおこし協議会」さんに加えて、豊能町の若手農家「わだファーム」さんの野菜が新たに入荷することになりました!

売り場に並ぶのはすべて豊能町で育った無農薬・減農薬の新鮮野菜!定番野菜に旬の野菜、食卓のアクセントになりそうな珍しい野菜まで。季節のめぐりに合わせて売り場のラインナップが毎週変わります。農家さん・スタッフが太鼓判を押す野菜だけを並べていますので、ぜひお気軽に話しかけてください。おすすめの食べ方もご提案中!

その他、手作りこんにゃくなどの加工品もご用意しています。
わたし達がレシピ開発にご協力した「赤こんにゃく」は煮物以外にスムージーや、こんにゃくカツ、サラダなど様々な料理を紹介しています。もちろんレシピ付きで販売!ぜひいろんな料理にチャレンジしてみてくださいね。

【お取り置き受付中!】
店頭まで取りに来ていただける方に限り、次の日の15:30までお取り置きも可能です。ご希望の方は、LINE@に登録の上、メッセージで希望の商品をお知らせください。

友だち追加

【PayPay導入しました!】
スマホ所有なら断然お得にお支払いができる決済サービスです。新規登録で500円分のお買い物がタダ!さらに3%のキャッシュバックも。最短1分で登録完了。スマホよく分からないのよね…というお客様もぜひお気軽にスタッフまで♪
https://paypay.ne.jp/

7月28日(日)ちちペディアvol.2『電車博士になろう!』

ー父ペディアvol.2ー『電車博士になろう』
【開催】 2019年7月28日(日)※雨天決行
【時間】 10:30-11:30
【参加費】 200円
【定員】20名
【申込方法】LINE@に登録の上、「氏名、参加人数、電話番号」を明記してメッセージを送信してください。
【申込締切】 2019年7月26日(金)12:00まで
【プログラム】
・運転士さんってどんな仕事?
・電車や運転士さんにまつわるクイズ
・今まで気になっていた電車にまつわるギモンを聞いてみよう!
などなど実際に現場で働いている運転士さんにお話を聞ける機会って貴重かも?現在、企画中なのでお楽しみに!!

友だち追加

※ ちちペディアってなぁに?
「先生は、同じ町に住むあの子のパパ」お父さん達が持ってるちょっとした知識や特技を、町の子どもたちみんなの共有財産にする企画です。先生が専門家じゃないからこそ、思わぬ好奇心のきっかけを与えてくれるかも!?

●今回のお父さん先生
7才と3才の男児のパパ。お仕事は某鉄道会社に務める、ホンモノの電車の運転士!いろんな質問に答えてくれるかも?

お父さん先生募集中!!

ふだんは仕事で忙しいお父さんも、できればゆるく地域とつながりたい。そんなニーズから、「父ペディア」イベントを企画しました。
お父さんの持ってる知識を子どもたちに!ぜひ、あなたのちょっとした得意を地域でシェアしてください。ご興味のある方は、お問い合わせフォームまでお気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とよのていねい雑貨店として出店や、大学堂1階スペースにて野菜市やイベントを開催中!今後も出店情報やイベントがあればお知らせしていきますのでお見逃しなく!また、イベントの企画協力や出店依頼等のお問い合わせもお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ先
大学堂株式会社
〒563-0104 大阪府豊能郡豊能町光風台3-5-2
TEL:072-737-7729(平日10:00〜18:00)

いつもの図書館を家族でもっと楽しもう!「図書館リゾート」開催しました

町の図書館。「静かにしないといけないから子連れにはちょっと長居はできないな」って思ったり、「本好きで頭のいい人が行く場所でしょ?」といったイメージを持っていたりされる方が多いかもしれません。

わたしも実は読書は苦手で、図書館は縁遠い場所だと思っていました。でも、娘が生まれてから絵本を借りに少しずつ足を運ぶように。豊能町の図書館ではいろんな催しがあったり、絵本の読み聞かせがあったり、雑誌やレシピ本、DVDなどもあったりして雨の日にはよく家族で利用しています。

だけど、子どもと長く滞在するにはやっぱり難しいと感じたり、家族で行ったとしても、ママは子どもと絵本コーナーに、パパは自分の本を選んでいるという現状に「わたしもたまには自分の本を選びたいのにな…」というモヤモヤを感じることがあったりしました。

ならば図書館で家族でたっぷり滞在できる空間を作ろう!ということで、パパもママも子どもも楽しめる場所を作っちゃいました!その名も「図書館リゾート」です!

家族でゆっくりできる空間で遊んだり学んだり◎

子どもも安心のプレイマットに、この場所でならお話もオッケー!その場で遊びたくなるテントも用意しました。また、図書館館長さんによるパパやママに嬉しい本のセレクトまで!親子でのんびり楽しめる場所となりました。

こどもたちがたくさん集まって賑やかな空間に
パパも図書館の本を思わず手にとって読書タイム

また、まわりには豊能町で見ることができる鳥や草花、虫などの自然について思わずクスっとなってしまうプチ情報をたっぷり展示。ダラっと見るだけでも楽しめる、だけど町の自然について知ることもできる嬉しい展示に思わず大人も夢中になるほど。

思わずクスッとなっちゃう展示についつい読み込んでしまうほど
「こんな植物もあるんだね」と親子で会話も弾みます

もっと知りたい!親子で自然を見つけに出かけよう!

展示をたっぷり楽しんだあとは、「本当に見られるのかな?」「見つけに行きたい!」という気持ちに応えられるよう、持ち運びしやすいポケットサイズの書き込み式図鑑を準備しました。図書館の周辺で見つけることができる見どころポイントも紹介しているから、思わず出かけたくなります。

周辺の地図付きだから思わず見つけに行きたくなる!

図鑑と一緒に、探検気分を盛り上げてくれる持ち出し可能な虫めがねや採集箱セットを用意しました。ママが本を選んでいる間にパパと子どもが探検に出かけることもできて、家族で嬉しい時間が過ごせます。もちろんママと子ども二人で普段は気づくことのできない着眼点で町の自然に触れることもできました。

探検気分を盛り上げる虫眼鏡などのグッズたち
「どこにあるかな?」と親子でお出かけ
葉っぱについている赤いものは虫こぶ!中に虫がいるなんて驚き!
レースのようになった紫陽花の葉っぱ。綺麗だけどこれも虫食いの仕業です。
意外なところに山椒の芽が。鳥のフンで運ばれたのかも……
見逃してしまいそうだけど、よく見ると木の皮が食べられた後。犯人は鹿さん。
天狗さんが持っているように見えるヤツデ。
葉っぱの切れ目が8つじゃないなんて知らなかった!

みんなで考えよう!身近な自然の不思議

大人気だったのが、「自然のギモンBOX」コーナー!豊能町は自然が豊かだからこそ、これって何?という小さなギモンがたくさん生まれます。みんなで小さなギモンについて投稿して、回答を集めるというコーナー。

わたしがギモンに思っていたことも、虫に詳しい小学生の男の子が答えてくれました。しかも、「新しくギモンが増えてるかな?」と何回もこのブースに遊びに来てくれて、たくさんのギモンに答えてくれましたよ!

たくさんのギモンと回答が集まりました!

パパもこどもも嬉しい!ピクニックで本も楽しめるという贅沢

図書館内だけでなく、外にはゴロゴロできるピクニックゾーンも用意しました。パパ同士の交流の場にもなっていましたよ。ちょうどこの日はお天気もよく、ピクニック日和。朝から図書館周辺で探検して、お腹が空いたからピクニックして、お昼からはのんびり図書館の本を読んで楽しむ。1日町の図書館でたっぷり過ごすことできる、まるでリゾートのような場所になりました。

ここなら飲食オッケー!もちろんバナナも◎
図書館を拠点にこどもたちも遊んだりお話したり楽しそう!

町の図書館だって、見方を変えたらまるでリゾート!

豊能町は遊ぶ場所は少ないと思いがちですが、わざわざ遠くに出かけなくても見方を変えれば身近な自然がまるでリゾートのように広がっています。しかも気になったことは図書館ならサッと調べることもできる。木漏れ日の中、鳥のさえずりを聴きながら本や雑誌、漫画を楽しむのもなんだかとっても贅沢。もっと図書館を身近に、町の自然と共に楽しむ休日。そんな新しい休日のスタイルをぜひこれからも家族で楽しんでみてくださいね。

次回は8月18日に図書館をもっと楽しめる企画を現在準備中です!お楽しみに!